【冷凍】宇都宮ハレノヒ餃子 32ヶ入×水餃子 20ヶ入

4,200円[税込]

  • icon icon

■ 餃子DATA
<宇都宮ハレノヒ餃子>
・1個の重量…35g
・ニンニク…あり

<水餃子>
・1個の重量…22g
・ニンニク…あり

■ 餃子の特徴
<宇都宮ハレノヒ餃子>
当店の看板餃子。
肉汁あふれる本格派、変化球なしの王道スタイル餃子です。
口に含むとまずは肉汁の洗礼!肉汁がピュッと飛び出さないよう頬張ると、キャベツや玉ねぎといった野菜の甘味がひろがります。
その後はしっかりとした肉の旨みが押し寄せます!
まずは何もつけずにそのまま味わってください。
その後はお好みでタレ、もしくは塩のみもオススメです。

<水餃子>
もちもちの皮がおいしい!
それもそのはず!水餃子は他の餃子に比べて皮をしっかりめに作ってます。焼かないので油も使わずヘルシーなのも特徴。
スープや鍋に入れるだけの簡単調理も魅力です。
ホクホクの茹でたてをぜひお楽しみください!

■ セット内容
・(冷凍)宇都宮ハレノヒ餃子 32ヶ入、餃子のタレ6袋
・(冷凍)水餃子 20ヶ入、餃子のタレ3袋

■ 原材料名
<宇都宮ハレノヒ餃子>
野菜(キャベツ、玉ねぎ、韮、にんにく、生姜)、皮(小麦粉、コーンスターチ、植物油脂、食塩、大豆粉)、豚肉、豚脂、ポークスープ、粒状大豆たん白、醤油、ごま油、酵母エキス、食塩、砂糖、オイスターソース、魚醤、香辛料、/ソルビトール、ph調整剤、グリシン、調味料(アミノ酸等)、アルコール、カラメル色素、(一部に小麦・豚肉・大豆・ごまを含む)

<水餃子>
野菜(キャベツ、韮、玉ねぎ、にんにく、生姜)、皮(小麦粉、植物油脂、コーンスターチ、もち粉、食塩、大豆粉)、豚肉、豚脂、ポークスープ、粒状大豆たん白、醤油、ごま油、オイスターソース、食塩、酵母エキス、砂糖、香辛料、魚醤、/ソルビトール、調味料(アミノ酸等)、ph調整剤、グリシン、アルコール、加工澱粉、カラメル色素、(一部に小麦・豚肉・大豆・ごまを含む)

■ 賞味期限
冷凍状態で約90日

■ 保存方法
冷凍庫(-18℃以下)で保存してください。

■ 凍結前の加熱の必要性
加熱してあります。

■ 加熱調理の必要性
加熱してお召上がりください。

■ 製造者
有限会社栄久食品(宇都宮市末広2-11-9)

■ 配送方法
クール冷凍便

※本製造工場では、えび・かに・乳成分・卵を含む製品を製造しています。

宇都宮ハレノヒ餃子とはABOUT US

関西ではまだなじみのない宇都宮の餃子。
「宇都宮ハレノヒ餃子」は、餃子の都として名高い宇都宮で作っています。
おいしさの秘密は、一切の妥協を許さないこだわりぬいた食材選びから。
国産にこだわり、地元宇都宮の食材だけでなく日本各地の特産品から厳選。
その日の朝に届いた新鮮なお肉と野菜だけを使用するからできる、
肉汁あふれる本格餃子をお楽しみください!

おいしさのひみつSECRET OF DELICIOUSNESS

おいしさのひみつ

「おいしさの秘密は“鮮度”が違う!」
毎日その日の朝に届いた新鮮な肉や野菜で作った餡を、すぐ皮に包んで蒸し焼きに。一度“蒸す”ことで皮と餡に熱が入り、皮はもちもち、餡は柔らかくジューシーに。次はすぐさま“急速冷凍”。旨味や食感を一気に閉じ込め、皆さまの食卓へお届けします!

店舗紹介STORE

店舗紹介

もともとは直営の飲食店舗で焼いた餃子をテイクアウト販売していましたが、コロナを機に冷凍餃子の直売を開始。無人の餃子直売所が増える中、地元のお客様と直接触れ合い、地域に根ざす息の長いお付き合いをしたいという想いから、今後も有人店舗にこだわり出店します!

おいしい焼き方HOW TO COOK

    • 1

      フライパンにサラダ油大さじ1を熱して冷凍のまま餃子を並べ入れます。

    • 2

      中火で焼き、ひとつ取り出して焼き色をチェック。キツネ色の焦げ目がつけばOK。

    • 3

      お湯(または水)を適量注ぎ、フタをして中火で5、6分ほど蒸し焼きにします。

    • 4

      フタを取って水気をとばし、ゴマ油大さじ1を回しがけ餃子の底がカリッとするまで弱火で焼きます。

    • 完成

      焦げに注意しながら、程よいところでお皿に盛ります。
      タレもしくはお酢をつけてどうぞ。

    • 水餃子

      水餃子は、冷凍のまま熱湯で4〜5分程ゆでるだけ。お好きな薬味をのせて、タレやポン酢でどうぞ。